おへその位置が下がった人、要注意。

こんにちは。
赤ちゃんとママの産前産後整体師 よこいです。

産後整体ではウエストサイズを測ります

産後の骨盤矯正を初めて受けられるママさんには、おへそ回りの計測をさせていただいています。
からだの使い方の変化をママさんに実感していただくためです。
(ちなみに施術前と後では平均3センチほど減ります)

私はウエストより分かりやすいおへその回りを測りますが
ママさんによっては、おへその位置がやけに下がっていてうまく測れない場合があります。

妊娠中に大きくなったお腹がたるんで、おへそが下がるのだと思います。
ですから、多胎だったり産後すぐだったりするとおへそは産前と比べて下がっていて当然です。

ママさんのお腹がたるみっぱなし!

でも、産後1ヶ月以上経っていて、赤ちゃんがひとり(双子じゃない)のママさんでも
おへその位置が上がって来ないママさんもいます。
そんなママさんのからだを観察すると、お腹にほとんど力が入っていません。
ちょっとひどい言い方ですが、お腹がたるみっぱなしです。

お腹がたるんでいると将来どうなるの?

お腹に力が入らないと、その分腰やお尻、脚に負担がかかり、腰痛や臀部痛、脚が太くなる恐れがあります。
そのまま何十年もお腹がたるみっぱなし状態が続くと、膝の変形や腰が曲がるといったおばあちゃん体型になるのが早くなります。

ただの産後太りだと思って対策をせずにいると、思わぬところで痛みや老いを感じる原因となってしまうのです。

セルフチェックをしてみましょう

では最後にご自身でチェックしてみましょう。
お腹に力を入れてください。
お腹が膨らんだ方、力の使い方が間違っています。早めに専門家に相談しましょう。
おへそが下がったと思う方、お腹がさぼっていると感じている方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ゆりかご産後整体では、力の入れ方のコツもお教えしています。

フォロー・いいね お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。